ロベルト・レバンドフスキがドルトムント時代のユルゲン・クロップを「お父さんみたいな人」、「親友」と語る

以下は、本日(7/30)のリバプール・エコー紙の記事です。

■ロベルト・レバンドフスキがドルトムント時代のユルゲン・クロップを「お父さんみたいな人」、「親友」と語る

現在バイエルンミュンヘンのロベルト・レバンドフスキが、ユルゲン・クロップのことを「お父さんみたいな人」、「親友」と表現しました。

これは、ドルトムント時代にクロップと共に働いた時を振り返ったものです。

「時には、僕は監督が何をやっているのか理解できずに困ったことがあった」と、レバンドフスキは語りました。

「なんと、ユルゲン・クロップは何をやっているんだ!」と思った。

「彼は僕にとってはお父さんみたいな人。彼には何でも話せた。相談したいことがあって早朝の5時に電話したとしても、彼はすぐに来てくれるような人だった」。

「僕は、彼が僕に対して親友みたいに話してくれたことを思い出して、とても嬉しく感じる」。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント