英国政府が地区を3階層に分けて1,2階層の地区は12/3から観客受入の開始措置を発表、ロンドン、リバプールなどは12/3から最大2,000人解禁へ

以下は、本日(11/26)のデイリー・スター紙の記事です。

■英国政府が地区を3階層に分けて1,2階層の地区は12/3から観客受入の開始措置を発表、ロンドン、リバプールなどは12/3から最大2,000人解禁へ

英国政府は、イングランドの全土をコロナウィルス感染状況により3階層に分けて、12月3日からアウトドアのスポーツの試合に対して「完全観客無のスタジアムでの試合」を部分的に解除する方針を発表しました。

これは、12月3日からクリスマスまでの暫定措置です。

1階層の地区では最大4,000人もしくはスタジアムの収容人数の50%(少ない方)
2階層の地区では最大2,000人もしくはスタジアムの収容人数の50%(少ない方)
3階層の地区では観客無のスタジアムでの試合続行

というものです。

具体的には、1階層の地区はコーンウォールとシリー諸島、ワイト島のみで、プレミアリーグのクラブは存在しない地区です。

●2階層の地区は、プレミアリーグでは以下のクラブが該当します。
アーセナル
ブライトン
チェルシー
クリスタルパレス
エバトン
フラム
リバプール
サウサンプトン
トットナム
ウエストハム
※最初に2,000人の観客が解禁される試合は、12月3日のELのアーセナル対SKラピード・ウィーンとなるものと想定されています。

●3階層の地区は、プレミアリーグでは以下のクラブが該当します。(※今回の解禁措置の適用はなし)
アストンビラ
バーンリー
リーズ
レスター
マンチェスターシティ
マンチェスターユナイテッド
ニューカッスル
シェフィールドユナイテッド
WBA
ウルブス

解禁後のプレミアリーグの試合(12月5,6日)は以下となります。

●2階層(2,000人の観客が解禁される)
ブライトン vs サウサンプトン
チェルシー vs リーズ
リバプール vs ウルブス
トットナム vs アーセナル
ウエストハム vs マンチェスターユナイテッド

●3階層(観客無の続行)
アストンビラ vs ニューカッスル
バーンリー vs エバトン
マンチェスターユナイテッド vs フラム
シェフィールド Utd vs レスター
WBA vs クリスタルパレス

英国政府は、階層ごとの解禁措置について、14日ごとに状況を見て見直しを入れる方針も発表しました。つまり、今回は2階層でも14日後の見直しで3階層(観客無の試合)に下がる、その逆ということがあり得ます。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント