マン・ユナイテッドvリバプール(FAカップ):ブルーノ・フェルナンデスがリバプールのフロント3を警戒

以下は、本日(1/23)のマンチェスター・イブニング・ニュース紙の記事です。

■マン・ユナイテッドvリバプール(FAカップ):ブルーノ・フェルナンデスがリバプールのフロント3を警戒

さて今週末はFAカップ4回戦の週末となりますが、マンチェスターユナイテッドは日曜日にオールド・トラッフォードにリバプールを迎えます。

ユナイテッドが現在好調でプレミアリーグの首位を走っているのと対照的に、リバプールは最近6試合の通算で僅か1勝と絶不調です。

世間の予測は圧倒的にユナイテッド有利、というものです。

それに対して、ブルーノ・フェルナンデスは反論しました。「リバプールは、決して悪いプレイをしているとは言えない」。

「勝ってないのが問題であって、パフォーマンスは決して悪くない」。

「チームが勝てない時、世間は一斉に話題にする。選手が得点できないとき、世間は一斉に話題にする。それは自分に対しても同じだと思っている。僕はマンチェスターユナイテッドに入ってきてすぐに得点とアシストを決めている。そのため、世間は僕が得点とアシストを決め続けることを期待している」。

「それは誰もが同じだ。世間は、モー・サラー、ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネが得点し続けることを期待している。1試合でも得点しないと、世間は一斉に話題にする。『おお、彼は得点できなかった。ひどいプレイをしている!』と。」

「でも、チームのパフォーマンスという点では決して悪くない。リバプールは非常にクオリティの高い選手をたくさん持っている」

「スタンドにファンがいないから、選手の頭の中にはファンのために絶対に勝つのだという意識が薄れることがあるのかもしれない。いずれにせよ、それはこの試合だけのことだ。その試合のことを深読みし過ぎることは危険だ。何故なら、ビッグ・プレイヤーは以下なる時にも試合でベストのプレイをすることができるから」


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント