セップ・ファン・デン・ベルフ(プレストンにローン中)がライトバックでフル・デビューし安定したプレイ

以下は、昨日(2/24)プレストン・ノースエンドの地元紙ランカシャー・ライブの記事です。

■セップ・ファン・デン・ベルフ(プレストンにローン中)がライトバックでフル・デビューし安定したプレイ

リバプールのディフェンダー、セップ・ファン・デン・ベルフは1月の移籍ウィンドウで今季末までのローンでプレストン・ノースエンド入りしました。これは、逆方向に行ってしまったベン・デイビスの交換の一環です。

そして昨日のホームでのQPR戦(試合結果は0-0)でフル・デビューを飾りました。本来のポジションはセンターバックですが、昨日はライトバックとしてスタートしました。

プレストン・ノースエンドのバックフォーは、センターがジョーダン・ストーリーとアンドルー・ヒューズ、レフトバックがグレッグ・カニンガムで、ライトバックがファン・デン・ベルフというフォーメーションで、クリーンシートを守りました。

フル・デビューとなった19歳のファン・デン・ベルフは、この試合でプレストン・ノースエンドで最多タッチ(69)を記録する活躍を見せ、今後も戦力として期待される土台を作りました。

試合後に監督のアレックス・ニールは、ファン・デン・ベルフのデビューについて「素晴らしかった」と語りました。

「今日の試合では、両フルバックをコンパクトな動きで使った。二人とも、非常に良く任務を果たした」

「セップ(ファン・デン・ベルフ)はボール・スキルが高いし、動きも機敏だ。クロスをブロックする面で守備に大きな貢献を果たした。」

「デビュー戦としては非常に良い出来だったと思う。守りは安定していて、体力的にも強い。相手との距離も的確だった。」

「今日の試合では、デビュー戦ということで我がチームのファンはファン・デン・ベルフのプレイを注目していたと思うが、今後も今日のようなプレイを維持して欲しいと思う。」

「彼は16歳ですでに大人のチームでプレイし始めた経歴を持つが、まさにその経験通り、自信をもって安定したプレイが出来る選手だ」。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント