ジョーダン・ヘンダーソンが手術を受けて成功、最短で4月まで欠場へ

以下は、本日(2/26)のリバプール・エコー紙の記事です。

■ジョーダン・ヘンダーソンが手術を受けて成功、最短で4月まで欠場へ

ジョーダン・ヘンダーソンは、既に手術を受けて成功に終わったことが判明しました。

先週末のマージーサイドダービーで試合中に負傷して交代してしまったヘンダーソンの負傷状況について、リバプールのクラブはこれまで口を閉ざしていました。

しかし、ここにきてヘンダーソンは既に手術を受けたこと、成功だったことで直ちに復帰に向けてのリハビリを開始する計画であることが判明しました。

現時点では、リバプールのクラブは具体的な復帰目標の日程は定めていないということですが、「3月のインターナショナル・ウィーク明け(3月末)までは欠場」とのことです。つまり、順調に復帰した場合、最短で今季中の復帰は「あり得る」と見られています。

ヘンダーソンは、月曜日に精密検査を受けました。その結果、腱の炸裂などの最悪の事態ではないと診断されました。ただ、手術が必要な程度の深刻さだったということです。

手術しなくても治す選択肢はあったそうですが、メディカル・スタッフの間で十分に検討した結果、最良の道を選んだということです。

クラブがそれらの検討を行っている間、正式発表がなかったため噂が出回りました。その一つが「3カ月の欠場で今季絶望」というものでした。

真相はもう少し深刻さは少ないというものでした。また、負傷の内容が複雑なものではないため、リハビリで問題が発生して時期が延びるという心配も現時点ではなさそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント