クィビーン・ケレハーがアリソンおよびリバプールのGKグループについて語る

以下は、本日(1/18)のリバプール・エコー紙の記事です。

■クィビーン・ケレハーがアリソンおよびリバプールのGKグループについて語る

クィビーン・ケレハーはリバプールのファーストチームでアリソンの控えのGKとして地位を固めました。2015年に故郷であるアイルランドのコーク市からリバプール入りして、現在までにファーストチームでの出場を14としています。今季のリーグカップ準々決勝(対レスター)で、PK戦で2つのセーブでヒーローとなりました。

リバプールのファーストチームのGKグループは、11月にブラジルのレジェンド、クラウディオ・タファレルを迎えました。1994年W杯優勝キーパーです。

「このような経験豊富なコーチと一緒にトレーニングできるということはとても恵まれた環境だと思う」とケレハーは語りました。これはBBCラジオ5のインタビューでのことです。

「アリソンは現在の世界のベストGKの一人だ。そしてアドリアンと、2人の先輩GKがいろいろ教えてくれる。お蔭で僕は成長できている。」

「そして、若手GKがアカデミーチームから上がってきて、とても良いGKグループになっている」

ケレハーは、毎日のトレーニングでアリソンから学んでいることを強調しました。

「毎日彼と一緒にトレーニングできることはベストだ。彼のトレーニングを見ているだけでレベルアップにつながる。彼のテクニック、そしてどんなときにも冷静さを保てることは凄いことだ」

「彼のポジショニングは素晴らしい。ポジショニングが良いので、普通のGKならば苦労してセーブするようなシュートもらくらくセーブしてしまう。それは凄いセーブだ」

「ハンドリングも素晴らしい。普通のGKならばパンチするようなシュートもしっかりキャッチする。」

「彼にアドバイスをお願いするようなことがあれば、彼はいつも親身になって教えてくれる」

タファレルについての質問に、ケレハーは答えました。

「(W杯優勝の1994年には)僕は生まれてなかった。でも、GKのレジェンドとして名前はもちろん知っていた」

「だからその彼がコーチとして来てくれることになった時は凄いことだと感激した。彼と一緒に仕事ができることは素晴らしいことだ。さすがGKレジェンドだという人だ。そんな人と一緒に仕事ができることはとても恵まれていると感じている」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント