リバプール2-0アストンビラ:ペペ・レイナがリバプールの優勝を祝うメッセージ

以下は、本日(7/6)のリバプール・エコー紙の記事です。

■リバプール2-0アストンビラ:ペペ・レイナがリバプールの優勝を祝うメッセージ

昨日のアンフィールドで、アストンビラのGKとしてチームの2-0の敗戦を味わったペペ・レイナは、2014年にナポリへと去って以来の初帰還について語りました。これは、試合後のBBCのインタビューでのことです。

「この日を長いこと待った」と、ペペは語りました。

「僕がこのクラブを去ってから7年経ったが、これまではアンフィールドに来る機会には恵まれなかった。そして、4月になって初めてこの試合のことを考え始めた」。

「ファンがいないスタジアムという寂しさはあったが、でもこの素晴らしいスタジアムに戻ってきたということはとてもいい感じだった」。

そして、リバプールの優勝について感想を問われてペペは答えました。

「長いこと(優勝を)目指して多くの選手たちが頑張ったが、でも達成できずに来た。僕がいた時も含めて」。

「そして、今のリバプールは優勝にふさわしいチームだ。ここ3-4年間、ずっと良いチームだったと思う」。

「僕としては、リバプール・ファンのために嬉しい」。

"リバプール2-0アストンビラ:ペペ・レイナがリバプールの優勝を祝うメッセージ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。