ニコラ・アネルカが2002年にリバプールに残れなかったことを「最大の残念」と明かす

以下は、本日(7/19)のリバプール・エコー紙の記事です。

■ニコラ・アネルカが2002年にリバプールに残れなかったことを「最大の残念」と明かす

リバプール・ファンの間では、2001/02季のニコラ・アネルカの半年ローンのインパクトについて、今でも話題に上ります。

そして、ローン期間終了後の2002年夏に、リバプール・ファンはアネルカの正式移籍での獲得を切望しましたが、当時監督のジェラル・ウリエはアネルカを放出し、代わってエル・ハジ・ジューフを獲得してしまったのでした。

そのシーズンは、2位から5位に転落したことは忘れられない苦い記憶です。

その時の「実現しなかった移籍」について、アネルカは本紙のインタビューで語りました。

「僕にとってもあれは最大の残念だった」と、アネルカは語りました。

「リバプールでのローン中は、何もかもパーフェクトだった。僕はこのクラブの全てが好きだった」。

「ファンとは本当に信じられない程に素晴らしい関係を作れたし。僕はリバプール・ファンを熱烈に好きだったし、リバプール・ファンも僕を気に入ってくれたと確信している」。


"ニコラ・アネルカが2002年にリバプールに残れなかったことを「最大の残念」と明かす" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。