アンドレアス・ペレイラが「これまでに対戦した中で最も傲慢な選手は誰?」の質問にリバプールの2選手の名を上げる

以下は、本日(7/25)のマンチェスター・イブニング・ニュース紙の記事です。

■アンドレアス・ペレイラが「これまでに対戦した中で最も傲慢な選手は誰?」の質問にリバプールの2選手の名を上げる

マンチェスターユナイテッドのミッドフィールダー、アンドレアス・ペレイラは、母国メディアのインタビューで、「これまでのキャリアで対戦した相手チームの選手の中で最も傲慢なのは誰?」と質問されて、リバプールのジェームズ・ミルナーとフィルジル・ファン・ダイクの名前を上げました。

現在24歳のペレイラは、2011年にユースチームの選手としてユナイテッド入りしました。そしてファーストチーム・デビューから6年間のキャリアの中で、「最も傲慢な対戦相手」がミルナーとファン・ダイクということです。

「僕は、あいつのことは好きじゃない。ジェームズ・ミルナー」と、ペレイラは語りました。

「それと、正直言って、もう一人好きじゃない奴がいる。あのディフェンダー。フィルジル・ファン・ダイク。あいつのことは、プレイの仕方を見ているだけで傲慢だと感じる」。

この「傲慢」(ポルトガル語でMarrento)という言葉は、リバプールがチェルシーに5-3で勝った試合でフランク・ランパードがリバプールのベンチについて言ったことで話題になりました。


"アンドレアス・ペレイラが「これまでに対戦した中で最も傲慢な選手は誰?」の質問にリバプールの2選手の名を上げる" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。